ダイエット方法の1つであるヨガの歴史

ダイエット方法の1つであるヨガの歴史

日本でもブームが起こってから、今では精神統一をしたい人、ダイエットをしたい人、瞑想をしたい人など、誰もに知られるようになってきたヨガは、かなり古い時代から行なわれていたものなのです。
時代は4000年から5000年前のインドのインダス文明の時代までさかのぼるのです。
初期のころはいろんな種類があったようですが、起源から2000年以上たった紀元前200年ごろパタンジャリ師という人が、いろんな種類のあったヨガを体系化させ、長い期間にさまざまな文明の哲学や技術を融合させていき、1970年ごろにアメリカで一時的にブームとなっていったのです。
そして1990年ごろにはアメリカを中心に、世界的にブームとなって広がっていきました。
パタンジャリとはインドの文法学者で、ヨーガ・スートラの編纂者であります。
ちなみにヨーガ・スートラとはインド哲学の1派であるヨーガ学派の根本経典のことであります。
長い歴史をたどりながら、ブームを引き起こし、日本でも2003年ごろにブームが到来し、若い女性を中心に爆発的に人気が高まっていきました。
このように長い期間、伝わり続けられているのはどうしてか、それはやはり、主は精神統一を行なうものとして伝わってきたものであり、人間の精神的な不安はいつの時代も変わらずに起こるものだと考えられます。

    Copyright(C) ヨガで心もきれいに簡単ダイエットのすすめ All Rights Reserved.